ルンバ880と870の違い、700シリーズからの変化

twitter google+ LINE はてなブックマーク

2014年3月1日に発売されたロボット掃除機ルンバシリーズ最新機種「ルンバ880」と「ルンバ870」。

この2機種の何が違うのかを取り上げ、また旧世代機種になる「ルンバ700シリーズ」との変更点も合わせて紹介します。

違いや変更点を確認の上、金額も考慮した上で機種を選んではどうでしょうか。

ルンバ880とルンバ870の違い

ルンバ880とルンバ870の違いは、主に同梱物にあります。

違いは次の通りです。

  • 本体の色合い
  • ライトハウス機能の有無
  • 交換用ブラシの同梱

本体の色合いは、880がブラック、870がピューターグレーとなっており、主にルンバ上部の色合いが異なります。ただ、どちらも落ち着いた色のため、色によってどちらにするか選ぶ必要はないでしょう。

ライトハウス機能は、専用の周辺機器があり、その設定によって使用できる機能です。具体的な内容は、部屋を区切って1つの部屋の掃除を終えたら次の部屋にいくという仕組みで、この機能によって効率よく複数の部屋を掃除できます。

交換用ブラシの同梱の有無は、後日別売りで購入が可能ですので、あまり意識する必要はないでしょう。

以上のことから、気にすべき点はライトハウス機能のみです。

複数の部屋を1台のルンバで済ますのであればルンバ880を、1部屋のみの掃除であればルンバ870を選ぶとよいでしょう。

ルンバ800シリーズとルンバ700シリーズの違い

最新機種のルンバ800シリーズと、旧世代機のルンバ700シリーズの違いを紹介します。

主な違いは次の通りです。

  • 吸引力が変化
  • ブラシの形状が変化
  • ゴミ収納能力がアップ
  • 充電器周りがすっきりと

個別に取り上げていきます。

吸引力

吸引力は、ブラシの形状が変化したことにより、特にカーペットでの吸引力が増しています。カーペット主体の部屋でしたらルンバ700シリーズからの乗り換えを検討すると良いでしょう。

ブラシの形状

ブラシの形状の変更は、今までは毛がたくさん付いた形状のブラシであったのが、ゴム状の面によるブラシに変わっています。

この変更により、ブラシのお手入れが今までよりはるかに楽になりました。また、この変更によって、先に述べたカーペットでの掃除能力が上昇しています。

画像の左側がルンバ780、右側がルンバ880です。ブラシが円筒状になっているため、ゴミの絡まりやホコリを取り除くのが楽になっています。

ゴミ収納能力

ゴミ収納能力は、ゴミ収納エリアが増えたことによるものです。頻繁にゴミ捨てをせずに済むので楽になります。

画像の左側がルンバ780、右側がルンバ880です。見た目からしてゴミ収納スペースが大きくなっていることがわかります。もっとも、中の構造の違いもありますので、画像だけでの判断は適切ではありません。

充電器周り

充電器周りに関してですが、以前は充電器本体の他にACアダプタが別途ついていましたが、充電器とACアダプタがセットになったことにより、すっきりと充電器を置くことができます。これは日々使っていくうえで地味ながら重要な要素です。

画像の左側がルンバ780、右側がルンバ880です。

ACアダプターが無くなり、すっきりしているのがわかるかと思います。なお、右側の充電器を従来の機種に使うことも可能です。

その他

このほか、ルンバ700シリーズの一つであるルンバ780との違いとして、ルンバ780ではタッチパネル方式だったのが通常のボタン形式に戻ったという点も挙げられます。

タッチパネル方式は一見見た目がすっきりして見えますが、上面を拭き掃除しようとするとタッチパネルが反応して誤動作を起こすこともありました。このため、通常のボタン方式に戻ったことは利便性が良くなったと言えます。

旧機種との比較購入する際には価格差が一番問題となるかと思いますが、金額にさほど開きが無いのであれば最新機種のルンバ800シリーズを購入するとよいでしょう。

2015念10月10日に発売された最新機種。より広いエリアをこの1台で掃除可能です。過去のルンバとの比較は『ルンバ980とルンバ880との違い』をご覧ください。

ルンバの最新機種(2014年3月現在)の最上位モデル。複数の部屋を一つのルンバで対応する時にお薦めです。過去の機種との違いは『ルンバ880と870の違い、700シリーズからの変化』をご覧ください。