ルンバブル

twitter google+ LINE はてなブックマーク

最近では「ルンバブル」という言葉が出てきています。この意味などを取り上げます。

ルンバブルとは

「ルンバブル」とは、「ルンバ」に「ブル」を加えた造語です。ロボット掃除機の商品名「ルンバ(roomba)」と英語で何々出来るなどの時に使われる「able(アブル)」を組み合わせたものです。英語表記にすると「roombable」かと思いますが、このような英語はありません。あくまで日本国内で使われている造語です。

この「ルンバブル」の意味ですが、ルンバが問題なく動くこと、またその住環境のことを意味します。

たとえば、ルンバが通ることが出来るような家具の配置や、家具そのものの下に潜り込めるような高さのある家具などを配置した住環境を、ルンバブルな状態ということが出来ます。

ルンバは高さが10cm近くあります。この10cmの隙間を確保できないような家具ですと、その下をルンバで掃除が出来ず、埃が溜まってしまいます。

ルンバは横幅もありますので、ルンバが通らないような隙間しか用意できない家具の配置にならないように工夫するのもルンバブルです。

こうした埃が溜まってしまう状況を起こさないようにして、ルンバがしっかりと掃除の役割を果たす。そうした状況及び住環境がルンバブルです。

単なる言葉の意味だけでなく、掃除を簡単にするための一助として、ルンバブルな住環境を目指してみてはどうでしょうか。

2015念10月10日に発売された最新機種。より広いエリアをこの1台で掃除可能です。過去のルンバとの比較は『ルンバ980とルンバ880との違い』をご覧ください。

ルンバの最新機種(2014年3月現在)の最上位モデル。複数の部屋を一つのルンバで対応する時にお薦めです。過去の機種との違いは『ルンバ880と870の違い、700シリーズからの変化』をご覧ください。