このサイトについて

このページでは「自動掃除機」を実際に使用した感想を紹介していきます。 「ロボット掃除機」という呼ばれ方もしています。

購入を検討している人の参考になれば幸いです。

取り上げる機種はアメリカマサチューセッツ州にあるiRobot(アイロボット)が開発した「ルンバ」シリーズを中心としてます。海外のメーカーですので、サポートが心配になるかと思いますが、日本ではセールス・オンデマンドという会社が発売元となっておりますので、トラブルの際のサポートも可能です。

このほか、日本のメーカーのシャープから発売されている「ココロボ(COCOROBO)」も紹介しています。

オフィシャル通販サイト「アイロボットストア」の他、ビックカメラなど各種オンライン通販で「ルンバ880」「ルンバ870」の販売スタート。(2014年6月20日)

ココロボ(COCOROBO) RX-V50』掲載。(2014年5月21日)

ルンバ880と870の違い、700シリーズからの変化』掲載。(2014年3月31日)

ココロボのお薦め』掲載。(2014年3月30日)

ロボット掃除機のルンバとココロボとの比較』掲載。(2014年3月8日)

自動掃除機ルンバとは

自動で床掃除ができる「自動掃除機自動掃除機ルンバ」。

2014年3月1日には最新機種「ルンバ870」「ルンバ880」が発売されることになりました。より進化した自動掃除機をご検討ください。

なお、旧機種は生産終了になる可能性があります。逆に、新型が出ることにより、少し値段が下がることも予想されます。価格や性能を考慮し、機種を選びましょう。

ルンバ880と870の違い、700シリーズからの変化』にて旧シリーズとの違いを紹介しています。

2014年2月22以前の紹介

2011年10月7日に最新機種「ルンバ760」「ルンバ770」「ルンバ780」が発売される自動掃除機(ロボット掃除機)です。すでにルンバシリーズは自動掃除機(ロボット掃除機)としての歴史は古く、愛用者も多数います。以前はマイナーな存在でしたが、テレビCMなどでも見かけるようになり、また大型家電量販店でも大きく展示されて紹介されるなど、次第に日本の家庭にも入り込んできています。

価格はやや高めに感じるかもしれませんが、性能の良い掃除機とさほど変わらない価格ですので、一度購入してみると良いかもしれません。

他にも自動掃除機(ロボット掃除機)が発売されていますが、性能面では「ルンバ」に劣っているものも多いため、価格だけでチェックせずに、使い勝手などの総合的な判断で選びましょう。

2012年10月19日には新たに割安バージョンのルンバ600シリーズも発売されます。詳細や違いは『自動掃除機ルンバ600シリーズの特徴やルンバ700シリーズとの違い』をご覧ください。

2011年10月7日以前の紹介

「自動掃除機ルンバ」は現在、最新型「ルンバ537」と「ルンバ577」、そして「ルンバ527」の3種類が発売されています。「ルンバ577」の方がさまざまな機能が追加されている高性能機となりますが、基本的な動作は同じとなっています。本体カラーや付属品、時間指定などといった機能の違いです。

価格は掃除機としては共に高めで「ルンバ537」が約7万円、「ルンバ577」が約8万円、「ルンバ527」が約5万円となっています。この価格に関しては、自動でしてくれるという点を考慮し、購入の検討にする必要があるでしょう。

ちなみに、「ルンバ」は世界で250万台が使用されています。日本でも、累計4万台が2007年までに販売され、そのうち2007年では2万5千台が販売されたそうです。(データは日経産業新聞2008年3月31日より)

ここにきて一気に注目が集まっている自動掃除機(ロボット掃除機)の魅力を、ぜひ当サイトで知っていただけたら幸いです。

自動掃除機ルンバの販売場所

「自動掃除機ルンバ」は、家電量販店を中心に販売されています。小さなショップでは販売していない可能性が高いので注意しましょう。

また、インターネット上では送料無料で販売してるところも多いため、持ち帰りも面倒でしょうから、ネット通販で購入することをお勧めします。重さは本体重量のみで約4kgですので、持ち帰るだけでも一苦労となります。

amazon.co.jpビックカメラ楽天Yahoo!ショッピングなどで販売しています。

また、オフィシャル通販サイト「アイロボットストア」でも購入が可能です。

2014年3月1日発売ルンバ800シリーズ

2014年3月1日にルンバシリーズの最新機種「ルンバ800シリーズ」が発売されました。「ルンバ880」「ルンバ870」の2タイプあり、カラーリングや同梱物などに違いがあります。

過去のシリーズとの違いは『ルンバ880と870の違い、700シリーズからの変化』をご覧ください。

iRobot Romba 自動掃除機 ルンバ 880

ルンバシリーズの最新上位機種800シリーズ。(2014年3月1日現在)

880は最上位機種の中で一番セット品が多く含まれています。

いろいろと迷うようであれば、こちらの880を購入することをお薦めします。

ルンバ本体に関しては870と変わりはありません。

iRobot Romba 自動掃除機 ルンバ 870

ルンバシリーズの最新上位機種800シリーズ。(2014年3月1日現在)

870は最上位機種の中の2番手の型番となっています。もっとも800シリーズは2機種しかありません。

880との違いは同梱物の違いです。主に1つの部屋のみで利用するのであれば、こちらの870シリーズでも十分です。

最終的にはセット内容を確認の上、選びましょう。

2012年10月19日発売ルンバ600シリーズ

2012年10月19日にルンバ600シリーズが発売されます。これは、すでに発売されているルンバ700シリーズの下位バージョンで、価格が安い半面、いくつかの違いがあります。

詳細や違いは『自動掃除機ルンバ600シリーズの特徴やルンバ700シリーズとの違い』をご覧ください。

iRobot Romba 自動掃除機 ルンバ 630

ルンバシリーズの中堅的な位置付けの600シリーズ。630では付属品などが620と比べて多めに付いています。

いくつかの機能は700シリーズと異なるものの、自動掃除機の魅力を味わうには十分すぎるモデルです。お値段も700シリーズと比べてお安くなっています。

iRobot Romba 自動掃除機 ルンバ 620

ルンバシリーズの中堅的な位置付けの600シリーズ。620では付属品などが630と比べて少なくなっています。

いくつかの機能は700シリーズと異なるものの、自動掃除機の魅力を味わうには十分すぎるモデルです。お値段も700シリーズと比べてお安くなっています。

600シリーズの中でも620が一番安いため、こちらの購入を最優先で検討しましょう。

2011年10月7日発売新型ルンバ

2011年10月7日に久しぶりの新型が発売されました。過去の機種との主な変更点は、下記の通り。

  • バッテリー寿命が約1.5倍に
  • 排気までクリーンに「ダストカットフィルター」
  • ダスト容器満タンをランプでお知らせする「ゴミフルサイン」
  • 微細なホコリも見逃さない「ダブルゴミセンサー」

掃除機能をアップさせる「ダストカットフィルター」「ダブルゴミセンサー」が追加され、また、吸い取ったゴミの溜まり具合を知らせてくれる「ゴミフルサイン」など、便利な機能が増えています。

このほか詳細は『ルンバ760、770、780の違い』もご覧ください。

以下、発売される商品ラインナップです。上から順に高性能機となっています。

iRobot Romba 自動掃除機 ルンバ 780

ルンバシリーズのハイグレードモデル。ルンバに搭載されるあらゆる機能が含まれます。

770と比べ、ライトハウス機能とタッチパネル機能が追加されています。

また、交換用付属品としてエッジクリーニングブラシとメインブラシ、フレキシブルブラシが追加で付いています。

iRobot Romba 自動掃除機 ルンバ 770

ルンバシリーズのスタンダードモデル。標準的な機能が揃っており、基本的にこれを購入すれば問題なく自動掃除機の能力を堪能できます。

下位機種の760と異なり、ダブルゴミセンサーを搭載。ダブルゴミセンサーは2011年10月7日に発売された新型で新たに追加された機能です。

iRobot Romba 自動掃除機 ルンバ 760

ルンバシリーズのベーシックモデル。ルンバの中では低価格機となっています。掃除そのものは問題無く行ってくれるため、掃除目当てであればこの機種でも問題ありません。

他の機種との価格差を見比べ、お好みのものを購入しましょう。

上記画像クリックでamazon.co.jpにて購入可能な他、ビックカメラソフマップドットコム楽天Yahoo!ショッピングなど、さまざまなところで販売しています。日頃利用しているオンラインサイトにて、ポイントの溜めているサイトで購入しましょう。

楽天Yahoo!ショッピングでは、送料が無料になっているかどうか、しっかり確認することをお勧めします。

 

 

お薦め商品

自動掃除機ルンバ880

ルンバの最新機種(2014年3月現在)の最上位モデル。複数の部屋を一つのルンバで対応する時にお薦めです。過去の機種との違いは『ルンバ880と870の違い、700シリーズからの変化』をご覧ください。

自動掃除機ルンバ770

ルンバ800シリーズが発売されたことにより、型落ちとなった700シリーズ。そのため、以前より安く販売されている店舗も多く見かけます。あえて安くなった700シリーズを検討するのもお薦めできます。機種間の違いは『ルンバ760、770、780の違い』にて。

ココロボ RX-V60

シャープより発売されているロボット掃除機「ココロボ」。上位機種は掃除に不要な機能が多く含まれ割高ですが、一番下位のモデルの「RX-V60」はコストパフォーマンスも高く、お薦めできる機器です。

2014年6月下旬に発売される『ココロボ(COCOROBO) RX-V50』と合わせてご確認ください。

このページの上へ